独身が寂しい人に出逢いをもたらす学びと行動

自宅から始める「30年を寄り添う人と出会う旅」

出会い・婚活

30代独身をやばいと感じつつ40代を迎える男女に訪れるみじめな現実

30代から40代への境界を表現した画像

30代を独身のまま通過するのはやばい!

「いつかは自分にも出会いが訪れて結婚をするのだろう…」

そんな漠然とした見通しに疑念が生じ始める30代前半。

それでも仕事が忙しかったり趣味を楽しんだりで日常が充実していれば、いつのまにか月日は過ぎていきます。

恋愛も経験するかもしれません。

「いずれはこの人と結婚するのかな…」

などと思いながら3、4年交際して思いがけず破局してしまったりもして…

そして30代も半ばを過ぎるとジワジワと兆す焦り。それでも男性の場合は「まだ大丈夫」と平静を保つ余裕があったりもします。

ところが…

そろそろやばいかなと思って始める30代後半の「婚活」の困難さ。以前はそれなりに異性からチヤホヤされてもいたのに何かが違う。この人だと思える相手がまったく現れない…

そして迎える40代。女性にとっては若かりし日に思い描いた「結婚生活」について、諦めなければいけない部分も生じてきます。

男性の場合もさすがに40代ともなれば焦りも生じてきますし、孤独も深まってきます。それでも「まだなんとかなる」と思っていたりするのが40代独身男性の特徴でもあります。

 

40代以降の婚活のみじめな現実

結婚の意志のある男女にとって、40代を迎えるというのはとても重いことです。理由は以下で述べていきますが、こと「婚活」について言うと、39歳から40歳の間には、やはりコントラストの明白な境界線があります。

40代独身男性のみじめな婚活

40代独身男性の結婚へのスタンスは概ね二通りに分かれます。一方は

「妥協して結婚するぐらいなら独身の方がマシ」

というタイプと、いま一方は

「孤独が辛すぎて死ぬほど結婚したい」

というタイプ。

前者はどちらかというと「孤独は辛いけど自分の理想は曲げられない」といったマイペースで自己中心的な人の考え方で、どちらかというと「自分の欲求」を結婚によって満たすことに意識が向いています。生涯独身の可能性が高いタイプです。

一方で後者は、支え合える相手がいないことを嘆いています。自分を賭して愛情を注ぐ対象が存在しない「空しさ」です。こうした人は、本来は結婚に向いているタイプですが、何かが足かせになって出会いの機会がないのかもしれません。

40代からの婚活では「異性の目に自身がどう映るか」を正確に客観視することが求められます。なぜなら独身男性の多くは40になっても50になってもなるべく若い女性と結婚したいと思っていて、現実的な選択からどんどん乖離していく傾向があるからです。

40代以降の男性が結婚相手を探そうとすると、たいがいは30代の女性が適当と考えます。けれども、30代の未婚女性にとっては「子供に恵まれた場合の養育力」が結婚相手を選ぶ際の最重要事項ですので、そこで食い違いが生じます。

女性も30代となれば、一緒に子育てするパートナーは自分と同世代か、もしくはより若い年下男性に目が向くのが道理です。白髪の目立つ40代男性が選ばれるのは極めて稀なケースです。

そのようにして40代以降の男性は、際立って高収入であるとか、社会的地位の高い職業に就いているハイスペックな人以外は、婚活市場では顧みられない「みじめな存在」になっていきます。

40代独身女性のみじめな婚活

30代までの結婚では「男性が年上」というのがわりと一般的な傾向ですが、40代独身女性にとっての年上男性というのはどんなイメージでしょうか。白髪が目立つ頭髪が薄くまばらになっていたり、メタボ体型だったり、結婚の前提として少なからず「恋愛感情」が必要な女性にとっては、あまり魅力的には映らないはずです。

なので、やはり女性も40前後の年令になると年下男性との出会いを求める傾向が強くなります。実際、年上を好む若い男性というのは意外に多いので、一時的に交際に至る可能性は十分あると思います。けれどもいざ結婚となると、どうしても逃げ腰になってしまうのが、アラフォー女性と交際する年下男性の常態なのではないでしょうか。

かくして、結婚を期待できる限りある時間はまたぞろ無益に費やされ、「生涯独身」が現実味を帯びてきます。女性の独身は何か特別な職能がないと経済的にも困窮する場合が多く、「みじめな境涯」に追い込まれる不安が高まります。

 

30代には二度と戻れない

「失ってみてその大切さに気付かされる」ということが人生にはよくあります。「若い時間」というのはその最たるもので、「暇だぁ~」などと言いながら無為に過ごしてしまいがちですが、一度しか訪れない人生の季節を無為に過ごしてしまうのは、とても勿体ないことです。

結婚は義務ではありませんし、するもしないも個人の自由なのですが、いったん時期を逸してしまうと実現することが極めて難しくなったり、期待する結婚生活のクオリティが望めなくなったりします。そして、そのボーダーラインとしては35歳あたりが一つの区切りで、それを過ぎると徐々に逆風が強まってきます。

クレバスを跨いで超える人の画像

人は集団生活に適応するように進化してきた生き物なので、潜在的に孤独が苦手です。「脳は関わるためだけに存在する」というのは解剖学者の養老孟司先生の言葉ですが、どんなコミュ障の人でも、例えばネット空間に関係性を求めたりします。人は誰かと関わらずにはいられないのです。

「人は独りでは生きていけない」というのは使い古された言葉ですが、豊かな人生は「関わり」で満たされています。決して愉快な関わりばかりではありませんが、それによって私達は存在感覚を養っています。つまりは「生き甲斐」のようなものですが、そんな中でも結婚というのは人生の季節を彩る、極めて重要な関わりです。

もしあなたが30代にあって「いずれは結婚を」と考えているのであれば、そして「そろそろやばいかな…」と感じ始めているのであれば、どうか今を粗末にしないように、大切に過ごして下さい。

40代以降のみじめな婚活については少しネガティブに偏った説明をしましたが、ただの空想ではなく実際にありがちな風景の描写です。ぜひ30代のうちに出会いを叶えて、心やすらぐパートナーと充実の40代を迎えて下さい。

おすすめの記事:【オンライン婚活】出逢いを効率化するマッチングサービス活用術

-出会い・婚活

Copyright© 自宅から始める「30年を寄り添う人と出会う旅」 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.